FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
長電話の受話器を置いた後、目に映るいつもの部屋に違和感を覚えた。
確かにいつも見ている光景なんだけど、何か変だ。
私、電話の前にここで何をしていたのかな?
このあと何をするんだったっけ? 
まったく思い出せない。

ぐる~っと見回す。
目がおかしい? それとも脳がどうかなってしまったのか?
その違和感を抱えながら隣の部屋に歩いてみたりして。
数分後、ああこれをするんだったと思い出した。

その後は夢の内容も不安感や恐れのないものになり、夢を覚えてない朝のぼーっとした時間も穏やかなものとなった。
日中も不安に襲われることがない。
まるでそこに信号を送るシナプスが切断されてしまったような・・・。
ん~認知症が進んだのかな~と思ったりしたけど、まぁ放置することに。

一ヵ月後、また不安を感じる夢に戻った。
胸が重くて苦しくて目を覚ました途端、私を抑え付けていた全身グリーンの小人さん達がいっせいに逃げて行った。
真っ暗な部屋で小人さん達の姿だけが鮮明に見える。
苦しさは次第に消えていった。
これは何? という疑問だけが残る。


この一ヶ月間は、周波数の高いパラレルワールドに居たような気がする。
その後はまた毎日がとても重苦しい。

この思いや感覚を自分で造り出していると思っても、簡単に切り替えられない。
分離感が半端じゃなくて苦しい。
自分自身を大切にして愛すれば孤独感はなくなるというけれど、それがとても難しい。




pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。